脱毛の基礎知識

フラッシュ脱毛で副作用や後遺症が出るのは本当なの?その安全性を知りたい!

脱毛サロンは、そのお得な料金設定や店舗数の多さから、以前よりも気軽に通うことができるようになりました。

しかし、フラッシュ脱毛について調べてみると、人気の脱毛法である反面、「フラッシュ脱毛のリスク」や「フラッシュ脱毛の副作用・後遺症」、さらに「フラッシュ脱毛でがんになる」など、少し不安を感じてしまうキーワードが目に入ってきます。

脱毛サロンに通うことを検討していても、人体に影響はないのだろうかと、気になることが多いのではないでしょうか。

しかし、フラッシュ脱毛はけっして怖いものでなく、実際にはたくさんの方が安全に施術を受けています。

これから紹介する、「知っておくと安心なこと」や「知っておくべきこと」で、脱毛前に不安を払拭しましょう。

フラッシュ脱毛の仕組み

フラッシュ脱毛は、特殊な光を肌に照射することで脱毛を促す施術方法です。

人間の毛根のまわりにはメラニンが集まっており、このメラニン色素(黒色)に反応する光を照射し、毛根にダメージを与えると、施術後1~2週間ほどで毛が抜け落ちてきます。

医療脱毛で使用されるレーザー脱毛と原理は一緒ですが、威力はレーザーよりも弱く、安全に使用できることから、多くの脱毛サロンで使われているのです。

フラッシュ脱毛の、体への影響が知りたい!

フラッシュ脱毛は、多くの脱毛サロンで取り入れられていますが、そのリスクや体に及ぼす影響は、とても気になるところですね。

フラッシュ脱毛に限らず、脱毛とは「強制的に体毛を減らす」ことであり、それによって人体が受ける影響は、残念ながら「100%ない」とはいえないのです。

しかし、可能性のある副作用をあらかじめ知っておき、その対策や対処をきちんとすることで、体への負担も不安も軽減することができますよ。
 

可能性のある副作用と、その対処法は?

フラッシュ脱毛では、特殊な光を使って施術するため、その光によっていくつかの副作用が起きる可能性があります。

赤み・炎症

フラッシュ脱毛の施術を受けたあとに、脱毛した部分がヒリヒリしたり、肌が赤くなってしまうことがあります。

これはフラッシュ脱毛に限らず、レーザー脱毛でも起こる症状で、肌に光を照射するために、ある程度は起こりうる症状なのです。

施術後に「肌をよく冷やす」、「ローションなどでしっかり保湿をする」、「紫外線からの刺激を防ぐために、肌の露出を控える」などのケアをすることで、症状を抑えることができます。

それでも症状が続く場合は、施術を受けたサロンに連絡しましょう。

やけど

フラッシュ脱毛では起こりにくい副作用ですが、やけどの症状を引き起こしてしまうことがあります。

日焼けをしたあとの肌はメラニン色素が増えている状態になり、毛根以外にも光が照射されてやけどを負いやすいようなので、そのような場合はサロンに相談しましょう。

また、施術者が脱毛機器の出力を間違ってしまい、あまりに強い光を照射してしまうと、その熱で肌が傷んでしまうこともあります。

汗をかきやすくなる

フラッシュ脱毛に限らず、「脱毛したら汗をかきやすくなった気がする」というのを耳にします。

特に、脇脱毛後に脇汗が増えたと感じる方が多いようですが、実際のところ、脱毛で汗の量が増えるというのは「気のせい」であることがほとんどなのです。

なぜ汗が増えたと感じるのかというと、今までムダ毛に絡んでいた汗が、脱毛によって直接肌に触れるようになり、流れる汗を感じやすくなるため「増えたのでは」と勘違いしてしまうのです。

気にしすぎると、緊張して余計に汗をかいてしまうので、あまり気にしないようにすることが大切です。

硬毛化・多毛化

まれに、フラッシュ脱毛によって硬毛化や多毛化が起こる場合があります。

硬毛化は、ムダ毛が硬くなったり太くなったりする症状で、多毛化は、ムダ毛がたくさん生えてくる症状のことです。

これは、照射した光のエネルギーが十分でなかったために、毛根にダメージを与えるのでなく、逆に活性化させてしまうのが原因といわれています。

施術を受けているサロンに相談することで、脱毛に使用する機器を変えたり、光の強さを変更したりと、対応してくれますよ。

「フラッシュ脱毛でがんになる」は真実ではない

光を照射する、と聞くとこんな不安もあるのではないでしょうか。

「肌に光を照射するから、皮膚がんの原因になるのでは?」
「胸の近くの脱毛は、乳がんになるリスクがある?」

結果からいうと、これは真実ではありません。

がんになるメカニズムとフラッシュ脱毛に関係性はなく、脱毛の施術を受けた後遺症でがんが発症するということはありません

皮膚がん

皮膚がんの主な原因は「紫外線」といわれていて、紫外線が遺伝子を傷つけることによって、がんを引き起こします。

一方、フラッシュ脱毛で使用されるのは、「赤外線」に似た波長の光です。

光が体に与える影響は、その波長によって変わりますが、赤外線には体に悪い影響を及ぼす作用はありません

そのため、フラッシュ脱毛の光照射のせいで皮膚がんになる可能性は、ほぼあり得ないのです。

ただし、脱毛したい部位に「ほくろ」や「濃いシミ」がある場合は、注意が必要です。

光を照射し続けると、ほくろや濃いシミが癌化する可能性があるともいわれていますが、

サロンでもそういう部分は避けて施術するので、必要以上に心配する必要はありません。

乳がん

乳がんの主な原因には、お酒の飲みすぎや肉の食べすぎによる「たんぱく質・カロリーの過剰摂取」、女性ホルモンの一種である「エストロゲンの過剰分泌」、そして「遺伝的要素」などが挙げられます。

これらのいずれも、フラッシュ脱毛とは関係がない要因です。

しかし、胸や脇にはリンパ節があるので、脱毛が乳がんのリスクになるのではないか、と心配になってしまいますが、フラッシュ脱毛で使用する光は、リンパ節に届くほど深くまで影響を及ぼすことはないのです。[/su_note]

フラッシュ脱毛のメリット

多くの脱毛サロンで取り柄れられているフラッシュ脱毛。

その特徴を知れば、自分に合ったサロンを探しやすくなるのではないでしょうか。

フラッシュ脱毛には、次のようなメリットがあります。

医療脱毛に比べて料金が低価格

脱毛サロンの料金は、医療脱毛よりも安く、各サロンで魅力的なキャンペーンが実施されているので、よりお得に脱毛を始められます。

痛みが少ない

フラッシュ脱毛は、使用する脱毛機器の出力エネルギーが医療脱毛よりも弱いので、そのぶん痛みも少なく施術を受けられます。

脱毛だけでなく美肌効果も期待できる

フォトフェイシャルというのをご存知ですか?

フォトフェイシャルとは、特殊な光を照射して、肌のシミやくすみの原因であるメラニン色素にダメージを与え、肌トラブルを解決したり、コラーゲンやヒアルロン酸などを作りだす細胞を活性化したりと、美肌づくりに効果的な施術のことです。

じつは、フラッシュ脱毛に使用されている光も、フォトフェイシャルで使われているものと一緒なんです。

脱毛しながら美肌に近づけるのは、とても魅力的ですよね。

一回あたりの施術時間が短い

フラッシュ脱毛は1ショットで広範囲に光を照射するので、一回あたりの施術時間が短くなります。

忙しい方には、ぴったりではないでしょうか。

ミュゼのフラッシュ脱毛は肌に優しい「S・S・C方式」

S・S・C(スムーススキンコントロール)方式とは、肌への痛みやダメージが少ない脱毛方法です。

なぜS・S・C方式は肌に優しいのでしょうか。

その秘密は、施術前に肌に塗る専用のジェルにあります。

このジェルには抑毛効果のあるカプセルが含まれていて、光を照射するとカプセルが弾け、脱毛と同時にムダ毛の成長を抑えてくれるのです。

医療脱毛よりも弱い光を使用するフラッシュ脱毛ですが、このジェルの効果によって、肌に優しく、効果的に脱毛することが可能になりました。

さらにミュゼでは、施術後の仕上げトリートメントが独自開発のもので、肌に優しいうえに潤いをあたえてくれる効果もあります。

ミュゼのS・S・C脱毛は施術回数で料金が決まり、その他の追加料金はかかりません。

また、店舗数も多く、予約が取りやすいのも魅力のひとつではないでしょうか。

フラッシュ脱毛は、安全性の高い脱毛方法だった!

フラッシュ脱毛は、医療脱毛に比べて光の照射エネルギーが弱いため、肌への負担が少ないことがわかりましたね。

「施術が体に悪影響を及ぼしてしまうのでは?」と不安に感じることは自然なことですが、実際は、副作用を引き起こすことは少なくて、後遺症でがんになるというのも真実ではないのです。

それだけでなく、リーズナブルな料金はもちろん、肌のデリケートな方も施術しやすかったり、美肌効果が期待できるなど、メリットが多いのもフラッシュ脱毛の魅力ではないでしょうか。