医療脱毛

医療脱毛は黒ずみOK?むしろ消える!?特に気になるVIO(デリケートゾーン)!

医療脱毛は黒い色素に強い反応を示すレーザーを照射するため、黒ずみや色素沈着があると施術を断られるのではないかと、不安になりますよね?

医療脱毛では、「日焼け肌NG」としているところが多いのですが、これは黒く日焼けしているお肌にレーザーが反応を示して起こるやけどを回避するためです。

では、日焼けではなく色素沈着の場合ではどうなのでしょうか?

また、医療脱毛で黒ずみや色素沈着が改善されるという話もありますが、これは本当のことなのでしょうか?

VIO(デリケートゾーン)に黒ずみや色素沈着があるけど、脱毛は受けられる?

VIO(デリケートゾーン)は下着や衣服の摩擦で黒ずみになりやすい部分ですが医療脱毛をすることはできるのでしょうか。

結論からお話ししますと、黒ずみや色素沈着があっても医療脱毛を受けることは可能です。

ただし、黒ずみや色素沈着のレベルによっては施術を受けることができない場合もありますので、ケースごとの医療脱毛の可否について見ていきましょう。

ムダ毛と同レベルの色の日焼け

ムダ毛と同レベルの色にまで日焼けをして、それが色素沈着として定着してしまった場合には、医療脱毛を受けることができません。

ただし、自分では完全にアウトだと思っていても、蓄熱式レーザー脱毛機を導入している医療機関の場合では脱毛OKとなる可能性があります。

ご自身で判断できない日焼けなのであれば、ひとまずカウンセリングを受けて脱毛の可否を確認してみてはいかがでしょうか。

デリケートゾーンを日焼けしている人は少ないのでこちらの心配はそこまでいらないでしょう。

自己処理により黒ずんだ色素沈着

自己処理でやや黒ずんでいるレベルの色素沈着であれば、ほぼ医療脱毛を受けることができると考えられます。

しかしながら、この場合でも医療脱毛がNGとなる可能性がゼロではありませんので、心配であれば蓄熱式レーザー脱毛機を導入している医療機関に相談してみるとよいでしょう。

傷跡

傷跡による色素沈着が広範囲に及んでいる場合では、医療脱毛を受けられない可能性がありますので、まずはカウンセリングを受けてみることをおすすめします。
ニキビ跡やアトピー肌の黒ずみがある方も一度相談してみましょう。

また、色素が濃いシミやほくろがある場合では、その部分を医療用テープなどで保護した上で医療脱毛を受けることができます。

上記3つをご紹介しましたが、普段のセルフケアで黒ずみや色素沈着の予防ができるのでしっかり行いましょう。

医療脱毛が黒ずみや色素沈着の改善に役立つって本当?

自己処理を続けてきたことによって肌が黒ずんできてしまった場合、医療脱毛を受けることによって現在の状態が改善される可能性は十分に考えられます。

そもそもなぜ黒ずみや色素沈着になってしまうのか

自己処理には、

  • 毛抜きやワックスでムダ毛を抜く
  • カミソリやシェーバーで剃る
  • 除毛クリームでムダ毛を除去する

などの方法がありますが、特にお肌や毛穴に大きなダメージを与えやすいのは、毛抜きやワックス、カミソリやシェーバーで処理する方法です。

まず、毛抜きやワックスでムダ毛を抜くという方法では、毛を引っ張った時に強い刺激を肌に与えてしまいます。

特に成長期にあるムダ毛は毛根組織にしっかりとしがみついており、これを無理に引っ張れば、毛穴とその周辺組織がダメージを受けることは間違いありません。

こうしてダメージを受けた毛穴と周辺組織には、ダメージを修復する目的でメラニン色素が集積し、黒ずみをつくり出すことがあります。

一方、カミソリやシェーバーで剃る処理の場合では、お肌の表面を刃物が通過する際に摩擦が起こります。

そして、同じ部分を処理し続けているうちに、メラニン色素が集積して、色素沈着が起こりやすくなるでしょう。

また、除毛クリームであっても安心はできず、配合されている成分がお肌に合わないと炎症が起こることがあり、それが色素沈着として定着してしまう可能性が考えられます。

そのため、自己処理から医療脱毛に切り替えれば、肌にダメージを与えることはなくなり、黒ずみや色素沈着に悩まされることはなくなるでしょう

レーザー照射は黒ずみや色素沈着が消える?

レーザーの照射そのものが色素沈着の改善につながるという話については、現在までに信ぴょう性が明らかにされていません。

美容外科や美容皮膚科などでは、シミ改善治療としてレーザーが用いられることがありますが、このレーザーは医療脱毛に用いられるレーザーではないため、医療脱毛レーザーとは別の種類として捉える必要があります。

したがって、医療脱毛用レーザーには色素沈着改善効果を期待できないと考えておいたほうがよいでしょう。

施術で黒ずみや色素沈着ができるリスクはある?ない?

医療脱毛を受けたあとに黒ずんだり色素沈着ができる可能性は、残念ながらあります。

それは、ハイパワーで高温のレーザーを一気に照射することにより、メラニン色素を生成して真皮層を守ろうとする身体の防衛機能が作動するためです。

もしも、黒ずみや色素沈着ができた場合には、医療機関であれば適切な処置を行ってくれます。

また、施術中に我慢できないレベルの痛みを感じた場合、レーザーの出力数が高すぎることが考えられますので、施術担当者に申し出て出力数を少し低くしてもらいましょう

しかしながら、脱毛効果は若干弱くはなりますが、黒ずみや色素沈着のリスクは回避できるはずです。

大手医療脱毛クリニックの色素沈着に対する対策は?

レジーナクリニック

レジーナクリニックでは施術後保湿やクールダウンはありません。

ただし冷却装置のついたジェル不要の脱毛機を使うので肌へのダメージは少なく、火傷などを起こす可能性は低いです。

アリシアクリニック

ジェルが不要でほぼ無痛の脱毛機を使用しており肌の負担は少ないですが、施術後には有効成分を含むフェイス・ボディ両用の薬用ローションで仕上げをしてもらえます。

また自宅でのアフターケアもしっかりサポートしてくれるので、色素沈着など不安なことがあれば相談しましょう。

湘南美容クリニック

施術後に冷却をし、炎症止めに弱めのステロイドを塗布します。

さらに湘南美容クリニックは診察料や薬の塗布代などが無料の保証が付いています。

リゼクリニック

3種類の脱毛機を肌質や毛質に合わせて使い分けることで肌への負担を減らしています。

肌トラブルが万が一起きた場合、診察料や薬代が無料なだけでなく、最優先で予約ができます。

フェミークリニック

照射後は冷却し、必要な部位には鎮静剤を塗布します。
アフターケアのアドバイスもしっかりしており、その時点で薬が出る場合がありますが薬代はかかりません。

自己処理での肌へのダメージがある方や敏感肌の方にも対応しているので色素沈着が心配な場合はカウンセリング時に相談してみましょう。

クレアクリニック

施術後クレアクリニックオリジナルのKAMAオイルが配合されたクリームで保湿していきます。
100%オーガニックで保湿力と鎮静効果が高く通常はこちらを使用しますが、体質に合わせて適切なオイルを塗布するようにしています。

また全ての脱毛価格にアフターフォロー代が含まれているので安心です。

トイトイトイクリニック

脱毛機はジェルを必要としないものを使い、肌への負担を抑えています。
また、冷却機能もついているので火傷などの肌トラブルを少なくできます。

施術後は軟膏を塗布しますが、炎症止めの薬「ベトノバールG軟膏」も渡されるので帰宅後肌が気になる方は使用してみてください。

マリアクリニック

照射後患部を冷やし、炎症止めの軟膏を塗ります。

ホームページの価格以外に追加料金がかからないので、万が一の肌トラブルも無料で対応してもらえます。

アルファクリニック

肌へのダメージを抑えるように施術をしていき、最後に冷却を行います。
必要であれば保湿クリームをもらえるので自宅で使いましょう。

椿クリニック

施術後肌の状態を確認します。
この時何かあれば皮膚科医の診断を受けることができます。

肌トラブル時の診察代と薬代は0円です。

KMクリニック

冷却ジェルを塗布して施術していきます。
仕上げに消炎剤の塗布をし、肌の確認をします。

ブランクリニック

肌へのダメージを抑えるよう施術していきますが、仕上げでは特に何もありません。
ただし肌トラブルが発生した際の薬代は無料です。

クリニックは肌トラブルの保証がついているところが多いので、火傷跡が色素沈着してしまわないよう早めに相談しましょう。

まずはカウンセリングを受けてみよう!

黒ずみや色素沈着がある方や、施術で色素沈着ができるリスクが心配という方は、まずはカウンセリングを受け、担当医から直接説明を受けてみることをおすすめします。

医療脱毛は今後の色素沈着の予防策になることは確かですが、「施術そのものが色素沈着の原因になるのでは」と、恐ろしくて施術を受けることができませんよね?

医療機関では、万が一色素沈着ができた場合の対処方法についてもきちんと説明しているので、”とりあえず”という気軽な気持ちでカウンセリングだけでも受けてみてはいかがでしょうか。