脱毛ラボVSミュゼプラチナム

使用している機械はどちらも同じなので、効果についてはマシンの出力強度にもよりますね。
痛みにとても敏感な人もいれば、結構平気な人もいるので出力の差によって、抜け方も当然変わってきます。

 

出力が弱ければその分、回数が必要となってきますし、高出力でも平気な人は短い回数でも効果がはっきりと出やすいです。

 

また日焼けしている皮膚や、皮膚の乾燥度によっても効果は違ってくるので、いくら使用している機械が同じでも、効果の現れ方は人それぞれに違いがありこればっかりは一概には言えません。

 

ですが、脱毛ラボでは基本一度打ちで、最初は出力を弱め、慣れてきたら上げると言う決まりになっているので、最初から効果を感じやすいのはミュゼの方です。

 

脱毛ラボVSミュゼプラチナム脱毛ラボVSミュゼプラチナム

 

 

脱毛ラボVSミュゼプラチナム

店舗数においては圧倒的にミュゼの勝ち!
ミュゼは北は沖縄から南は沖縄まで全国に180店舗以上
全国38都道府県に店舗を構えています。

 

脱毛ラボの店舗も増えてきてはいますが、22都道府県に72店舗です。
脱毛ラボはミュゼに比べると店舗数は少ないので、どんどん増えてくれることを期待したいですね!

 

脱毛ラボVSミュゼプラチナム脱毛ラボVSミュゼプラチナム

 

 

脱毛ラボVSミュゼプラチナム

ミュゼの目玉は両わきとVラインの好きなだけ通える完了コース
スペシャルキャンペーンを行っている月はワンコインで何年でも何回でも通える完了コースがあると言う事。
両わき&Vラインのスペシャルキャンペーンを行っている月もあるので、脱毛初心者には激安でおススメの脱毛サロンです。

 

一方の脱毛ラボは全身脱毛が看板商品の脱毛サロン。
全身脱毛が月払いでできると言うメリットはありますが、毎月通う必要があり、忙しくてこまめに通えない人には不向き。月払いの全身脱毛を利用した場合は、毎月通えなくても翌月に持ち越す事ができません。

 

ミュゼの場合は照射期間を2か月以上空ければ自由に予約をとる事ができるのでこの点はミュゼが有利と言えますね。

 

脱毛ラボVSミュゼプラチナム脱毛ラボVSミュゼプラチナム

 

 

脱毛ラボVSミュゼプラチナム

脱毛ラボは全身脱毛を得意とする脱毛サロンですので、部位脱毛のメニューも用意されてはいますが、会員の9割が全身脱毛をしている脱毛サロンですので、全身脱毛する場合で脱毛ラボとミュゼを比較してみます。

 

脱毛ラボの全身脱毛は全身48部位で6回109,760円です。
月額制の場合も1回で全身の1/4を行い4か月4回掛けて行い、6回パックの場合は2〜3か月に一度通って一度に全身脱毛を行うので通う回数(脱毛スピード)が違うだけで、内容、料金、部位数共に変わりはありません。

 

脱毛ラボの全身脱毛には、顔3部位とうなじも含まれています
月額制は1年に12回通って月々3,980円の支払いで1年間はこの価格です。
6回パックの場合は2年保証なので、2年以内に6回済ませる必要があります。

 

ミュゼの全身脱毛は、6回コースで252,000円126,000円となっています。
部位数は全身21部位で、両わきとVラインは好きなだけ脱毛できるようになりますので、正確には19部位です。
ミュゼの全身脱毛に顔2部位とうなじは含まれず、保証は7年間となっています。

 

お値段は脱毛ラボの方が安いですが、脱毛ラボの全身脱毛は6回パックでないと予約が取りにくい!!
仕組みだとか。6回パックの予約が優先され、月額制コースは基本、平日の昼間に時間が取れる人向けのコースです。

 

また現在はミュゼアプリインストールで全身脱毛の半額キャンペーンを行っています。
回数によって割引率が異なるので、誕生日チケットを使用したり、紹介チケットを併用したりすることで、安くする事もできる方法もあります。

 

脱毛ラボVSミュゼプラチナム脱毛ラボVSミュゼプラチナム

 

 

脱毛ラボVSミュゼプラチナム

勧誘については、ミュゼプラチナムでは勧誘はありません
口コミサイトを覗いてみると、「勧誘無しって書いてたのに、あっちこっち勧誘された!」と言う書き込みをたまに見かけます。

 

ひょっとしたら、カウンセリング時に脱毛したい部位を色々と書き込んじゃってませんかね。
カウンセラーの方は、お客さんが一番希望する内容に沿って、コースの提案をしてきますので、脱毛してみたい部位を色々書いてると、書いてる部位分の部位の案内してくるのは当然のお話。

 

ミュゼの勧誘のなさは定評ですから、キャンペーンだけを受けたい場合はキャンペーンで行っている部位のみをカウンセリングシートに記載する事で、他の部位のおススメも避ける事ができます。
カウンセリング中も、「気になる部位はありますか?」などと尋ねられるので、「キャンペーンを受けてみてから考えます」で、乗り切る事ができますよ。

 

脱毛ラボの方は、全身脱毛ではなく、部位脱毛目的で訪れた場合は、全身脱毛のおススメがあるようです。
全身脱毛専門のサロンですからね。
全身脱毛はいきなりちょっと…と言う人はミュゼでのキャンペーンから始めてみると良いですよ。

 

脱毛ラボVSミュゼプラチナム脱毛ラボVSミュゼプラチナム

 

 

脱毛ラボVSミュゼプラチナム

接客については、ミュゼでは何度足を運んでも嫌な思い一つしたことがありません
こちらがソファーに座っているときは、ひざをついて話しかけてきますし、敬語は洗練されていますし、例え、提案されたコース内容を断ったとしても嫌な顔一つせずにっこり対応するので、接客に対する教育が行き渡っていると感じます。
まぁ人間ですから、個人差があるのは当然ですけどね。

 

脱毛ラボの方は、スタッフの年齢層が低く、言葉遣いもギャル語の方が多いとか。
お金払って通っている以上は最低限の接客レベルは欲しい所ですね。
余りにフレンドリーすぎるのも、ちょっとですし、かしこまり過ぎるのも疲れてしまいますね。

 

脱毛ラボVSミュゼプラチナム脱毛ラボVSミュゼプラチナム

 

 

脱毛ラボVSミュゼプラチナム

最後に予約についてですが、これは圧倒的にミュゼに軍配が上がります。

 

ミュゼの店舗数は180店舗以上。
これだけの店舗数の顧客管理は全てコンピューター上でされており、全国共通となっていますので、全国にあるミュゼの店舗どこでも予約をとる事ができます

 

ミュゼ専用の会員サイトから、自分の行きたい好きな店舗へ行くことができます。
もちろん、行く店舗を毎回変えてもOK。
こんなシステムを取っているのはミュゼプラチナムや、銀座カラー、キレイモ、C3だけ。

 

予約の変更も、キャンセルもWEB会員サイトから簡単にぽちっとできるので、とても便利!
電話が繋がらなくて、キャンセルや予約変更ができないと言った煩わしさが一切ないのです。

 

脱毛ラボは、月額制の場合は変更は不可。
月に2回は予約が取れることになっていますが、変更ができないので消化扱いとなってしまいます。

 

年一括払いは保証がついているので予約変更可能で、予約変更の際は、店舗に直接電話をして変更の旨を伝えなくてはいけません。
時間制限もあって、キャンセル時間に間に合わないと脱毛予定時間分(1時間当たり1,000円の)キャンセル料も発生するので要注意!!

 

脱毛ラボVSミュゼプラチナム脱毛ラボVSミュゼプラチナム