日焼けと脱毛

日焼け,脱毛

脱毛サロンやエステサロンなどで脱毛をする場合、日焼けしないよう促される事がほとんどです。

 

ワキの下やデリケートゾーンは日焼けしづらいですからあまり関係がないこともありますが、腕や脚、胸、背中といった部分は気をつけていても日焼けしてしまう部分ですよね。

 

では、日焼けをした事によってなぜ脱毛ができなくなるのか、分かりやすく解説していきましょう。

 

エステサロンなどで導入している脱毛機器などによっても異なりますが、フラッシュ脱毛やレーザー脱毛を使用しての脱毛の場合、黒いものに反応し脱毛することが特性となっているため、日焼けしていることで脱毛効果が薄れてしまうことがあるからです。

 

メラニン色素も黒ですから、その理由がわかると思います。

 

また、日焼けをしていると施術の際の傷みが増すと言われていますし、トラブルなどを引き起こす要因ともなるため日焼けをしての脱毛はおススメできないというわけです。

 

仮に日焼けをしてしまってからの期間が短い場合は、施術さえ見送られてしまうこともありますので、脱毛をしている際はいつも以上に日焼けをしないように注意していくことが大切ですね。

 

日焼けをしたいのなら、脱毛が終わってから思う存分行いましょう。

 

日焼けと脱毛 日焼けと脱毛